↓悪質サイトを徹底排除した、当サイトおすすめ厳選出会い系サイトランキングはこちらから↓

おすすめ出会い系サイトランキングはこちら

セフレを作りたいあなたへ!メールの書き方をズバリ教えます!

セフレを作りたいあなたへ!メールの書き方をズバリ教えます!

セフレ作りへの道は、まずプロフィールを見てもらうことから始まります。

プロフィールはいわば第一関門で、メールは次の第二関門です。

プロフィールで運よく選んでもらったとしても、そこで安心してはいけません。あなたは今第一関門を突破しただけなのです。

プロフィールの書き方も関門の一つでしたが、このメールの書き方もなかなかの関門です。

むしろ、プロフィールの関門を突破してからが、本当の試合と言えるでしょう。

そのくらい、メールの書き方と言うのは重要で、流れを大きく左右するのです。

 

ではここで基本に戻ってみましょう。

女の子をセフレにするためには、まず女の子に「会ってみたいなぁ」という興味を持って貰えなくてはいけません。

女の子が会いたいと思う人のタイプはきっとそれぞれでしょうが、かと言って自分のことばかり話したり、メールが不愛想だったりする人が好きという人はなかなかいませんよね。

女の子ウケが良いメールの書き方というのはやはりあります。

なかなか女の子が来てくれなくて焦る気持ちもわかりますが、女の子からメールが来た時点でテンションを上げすぎ、

おかしなメールを女の子に送ってしまわないようにしましょう。

そのまま返事が来なくなってしまった…ということにもなりかねません。

 

そのおかしなメールですが、もう少し具体的な例を挙げると、まず「言わなくてもいい情報を流してしまう」ということと、「軽々しく誘う」ということが挙げられます。

言わなくてもいい情報というのは、なかなか難しいのですが、まず女の子が興味のない趣味の話や自分の話ですね。

最初は難しいでしょうが、場数を踏んで、こういう情報はウケが悪いな~というのを自分なりに学んでいくようにしましょう。

勿論、軽々しく誘うのもNGです。軽々しく一通目のメールで誘いをかけられると、どんな女の子も引いてしまいます。

まずは落ち着いて、相手から見て余裕が感じ取れるメールを書くように心がけましょう。

ではまず、失敗例のメール文をご紹介したいと思います。

 

ではまずは失敗例のメール文からご紹介します。

 

ケース1

メールありがとう!嬉しいです!

プロフィール見たけど、彼氏と別れたばかりなの?

どこ住み?俺が慰めてあげるよ(笑

ケース2

返事ありがとう!

写真見たけど、めちゃめちゃ好みです!

本当に可愛いよね、彼氏いないの?

めっちゃモテるでしょ?

返信ありがとう!

ケース3

こんばんは。

今週末とかよかったら会えない?ダラダラ連絡するのが好きじゃなくて。

 

ケース1~3を見て、いかがでしょうか?

まさに下心丸出しって感じですよね。

これでは女の子もドン引きです。良い印象は決して与えないでしょう。

それでは引き続き失敗例を見てみましょう。

ケース4

こんばんは!お仕事お疲れ様!

  • ●ちゃんはもう家?僕はまだ今仕事終わった所で、今から帰宅だよ~。

遅くなっちゃったし、夜はコンビニ弁当かなあ。

あっ、その前に忘れ物を取りにいかなきゃ。。。仕事後にこういうことがあると憂鬱だよね。

そういえば週末は連休だね!

僕はプロフィールにも書いてるけど、スポーツ観戦が大好きだから、連休にはサッカーの試合を見に行くんだ!

すっごく楽しみだなぁ。

 

ケース5

  • ●さん、お返事ありがとうございます!

僕がここに登録したきっかけは、お互いにとってメリットのある関係を作れる人を探していたからです。

  • ●さんはどんなタイプが好みですか?
  • ●さんのプロフィール見ましたが、音楽が趣味なんですね!

どんな音楽を聴くんですか?僕も音楽好きなんですよ。

 

ケース4は、自分の話だらけでキモいパターンです。

最後の方はもう自分の話しかしていませんよね。

ケース5は一見丁寧ですが、言葉の端々に、セフレを募集している感がにじみ出ています。

カンのいい女性ならすぐ見破るでしょう。

 

出会い系に登録している女性は、別に男性の話を聞きたいわけではありません。

そんな時に全く興味の無い男性の話をべらべらと話されても、即ブロックされてしまいます。

下心丸出しである場合も同様です。女性はそういう部分には男性よりずっと敏感なのです。

 

メールのやり取りですべきことは、まず女性の話しやすい雰囲気を作ることです。

ですから、男性は聞き役に徹底しなくてはなりません。

まずは女性の信頼を勝ち取るために、話したい自分のことはぐっと飲み込み、女性の話をうんうんと聞いてあげるようにしましょう。

 

では、ここで成功例のメールを見てみましょう。

※ここに実際に差都内のメールやり取りキャプチャー画像を貼り付けると信頼性が増加します。

 

ケース1

メールありがとうございます。

私は●●に住んでいる●●です。

プロフィールを見て、思わずメールを送ってしまいました。

僕も映画好きなんですが、●●さんはどんな映画がお好きですか?

よかったら仲良くしてください。

 

ケース2

こんばんは。お返事ありがとうございます。

とても気が合いそうだなと感じたので、お返事頂けてとても嬉しかったです。

今日はお仕事終わりですか?

時間がある時にでも、またお返事いただけると嬉しいです。

 

ちょっと堅苦しいと思いましたが?

しかし、最初はこのくらい堅苦しい内容の方がむしろ好印象です。

誠実さをアピールできますし、下心の無い紳士的な男性であるとアピールすることができます。

 

ここで、追撃のメールなどを送ってしまうと逆効果です。

返事が返ってきたらラッキーくらいの気持ちで、気長に待ちましょう。

純粋に出会いを求めている女性であれば食いついてきてくれるはずです。

 

最初からエロ全開で狙う方が、時には手っ取り早いこともあります。

しかし、ほとんどの女性からはやはりウケが良くありません。

エロだけの出会いは、女性側にとって全くメリットが無いからです。

第一印象からそればかりでは、やはり多くの女性から敬遠されてしまうでしょう。

 

先程も言ったように、大切なのは紳士的な自分をアピールすることです。

メールから読み取れる情報はごくわずかです。その中で、どれだけ女性の信頼を勝ち取ることができるかがポイントです。

なぜなら第一印象が悪ければ、その後の展開は見込めないからです。

そのため、メールを考えて書くというのはとても重要なのです。

 

一度信頼を勝ち取ってしまえば、女性は男性を一気に信用します。

この人がセフレなんて探しているはずがない!と思いこむ女性もいます。

そこまで行くためには、やはり気長にメールのやり取りをすることが大切となります。何度も言っているように、焦りは禁物です。

とにかく女性に信頼してもらわなくては、女性と会うなんて夢のまた夢となってしまいます。

ウソであっても、徹底して真面目な男性を装うようにしてください。

 

出会い系の勝敗を分けるのはファーストメール!

出会い系サイトの攻略で最重要なのは、何と言ってもファーストメールです。

ファーストメールの内容で全てが決まると言っても過言ではありません。

ファーストメールは、その人の第一印象を決定します。いわば見た目のようなものです。

そのため、ファーストメールで失敗してしまうと、その人の評価は大きく下がってしまいます。

下がってしまった評価を戻すのは相当な努力が必要となりますし、その時点で切られてしまってはもう元も子もありません。

逆に言うと、この掴みさえ突破してしまえば、後はかなり楽に進めていくことができるということです。

 

出会い系サイトに登録している女性は、男性とは違い、一日に何通、何十通ものメールを受け取ってもらえます。

中には全てに返信している律儀な女性もいるでしょうが、そんな女性ばかりとは限りません。

興味のあるメールだけ開封し、返信している女性が大多数でしょう。

その中で「選んでもらえる男性」になるためには、それなりのメールを書かないといけないということです。

 

ここでは、ライバルに差をつけるためのメールの書き方をお教えします。

 

メールの書き出し

ここは無難に挨拶から始めると良いでしょう。

無難な挨拶とは「はじめまして」「こんにちは」等です。

間違っても「ちっす!」とか「よぉ!」とか書いてはいけません。

親しみやすさをアピールしているのでしょうが、逆効果です。

ここで本名を入れると返信率がグーンと上がるというデータもありますが、

本名を教えるのに抵抗がある人はプロフィール名を入れておきましょう。

 

次の一文

ここでは、相手のプロフィールについて触れるのが無難でしょう。

趣味などがいいかもしれません。

ここから話を広げていけますからね。

「カフェ巡りが趣味なんですね。おすすめのカフェはありますか?」などです。

この時、相手の名前をさりげなく入れると印象が良くなるようです。

プロフィール内容に触れると書きましたが、ここで相手の容姿には触れない方がいいかと思います。

下手に触れてしまうと返信率が下がるというデータがありますからご注意を!

 

 

まとめ

セフレは英語で何というか知っていますか?

FWB=フレンド ウィズ ベネフィット(利益)という言い方をするそうです。

つまり、双方に利益の出る関係でないといけないということです。

 

セフレを持ったことのある女性に、どのような経緯でセフレになったのか聞くと、

そのほとんどが「気が付いたらなっていた」というものです。

最初からセックスを目的にはしていないということですね。

これは、普通の友達の作り方に通じるものがあるのではないでしょうか。

ですから、セフレを作るためのメールは、あくまでも「友達になりたい」というスタンスで進めていくのがいいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました