コミュ障が出会い系で彼女を作るためのアドバイス

コミュニケーション能力とは

コミュ障という言葉の知名度が高くなってきました。

コミュニケーション能力に自信のない方は、「コミュ障だから彼女ができない」、「コミュ障だから異性とスムーズに話すことができない」というのが口癖のようになっています。

そもそもコミュ障とはどういう意味かと言うと、会話中に自分のことをうまく話せない人のことを指すことが多いです。では、コミュ障ではない人とはどのような人のことなのでしょうか。

一般的にはコミュニケーション能力として、いろいろな人がいると思われています。相手の意見をそのまま尊重する人、女性の気持ちを理解して優しく対応するジェントルマン、とにかく相手の意見を聞いてあげる聞き上手な人など。ただ、このような能力が高い人が、コミュニケーション能力が高いとは一概には言えません。

 

相手の意見を尊重してばかりいると、自分の意見がない人として男らしくないように思われることもあります。ジェントルマンのように優しい人でも、どうせ誰に対しても優しいんでしょと、見向きもされない可能性もあります。聞き上手な人は始めのうちは好印象かもしれませんが、一緒にいる時間が長くなると、こちらも自分の意見がない人として相手に思われることもあります。

 

要するに、ある部分ではコミュニケーション能力が高いと思われる人でも、実は他の面から見たらコミュニケーション能力が低いと思われることもあるということです。逆に、コミュニケーション能力が低いと自分で思っている方でも実は、それが魅力となって好印象を与える可能性もあるのです。

 

ここまでをまとめてみると、コミュニケーション能力が低い、コミュ障だから彼女ができない、もてないという事ではないことが分かります。そして、どんな人でもその人の個性を魅力に見せることができれば、女性からモテることもセフレを作ることも簡単にできる可能性があるのです。

コミュニケーションを支える3つのポイント

 

人と会話するにあたって、始めの一歩になるのがメールです。まずは連絡をとらないことには会話の良し悪しも関係なくなってしまいます。

コミュニケーションが苦手だと感じている人の多くは、会話中に話が止まってしまうことがあると思います。そこで、やっぱり自分はコミュニケーションが苦手だと改めて実感する人が多いです。しかし、コミュニケーションするときに3つのポイントを抑えておくだけで、自然に会話することができるようになってきます。

 

それは以下の3点です。

  1. 相手の話に耳を傾ける
  2. 相手が言うことに共感してあげる
  3. 相手に感謝を伝える

どんな年齢、性別、職業の方と会話をする時でもこれら3つのポイントを必ず意識するようにしてください。

人の話を聞かずに、自分が話したいことだけを話してくる人は、どう思いますか?あまり印象はよくないのではないでしょうか。

自分が言ったことに対して批判的な意見ばかり言ってくる相手にはどう思いますか?もうこの人に話すのはやめようと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

どんな人と会話をするにしても、自分がうまく話すこと、面白い話をすること、共通の話題を見つけようとすることばかり気にして話をしてしまっていては、相手は満足してくれません。

 

一方的に自分よがりなコミュニケーションをしていると、相手とうまく関係性を築いていくことはできません。

 

コミュニケーションは、実は非常にシンプルです。

 

女性が話していることを「聞いて」、その言ったことに「共感」して、「感謝を伝える」。たったそれだけでこれまで以上にスムーズで楽しいコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

この3つのポイントは何か特別に難しいことでも、能力がある人でなければできないことでもありません。

会話をしている中で意識を向けてみるだけです。実際に実践してみると、思った以上により良い関係を築くことができていることを発見するでしょう。

女性を100%射止めることは不可能ということをわきまえる

 

メールでのやりとりがうまくいき、その後に実際に会った時に女性に振られてしまうという男性は、結構多いです。メールであれば、うまく取り繕って高評価を獲得することができるものの、実際に会ってみると、本性がバレてしまうため、そうなってしまうのです。

 

そんなときに注意すべきポイントは、ネガティブになりすぎないことです。メールで会うことができ、実際に会ったら思うようにいかずに振られてしまう。そこで落ち込んでネガティブなまま、次の女性にいってしまい、ネガティブさが伝わり、また振られるという悪循環に陥ってしまうからです。

 

前回の経験を引きずって女性と会うことは本当にやめましょう。相手にとっても失礼に当たってしまう可能性があります。せっかく時間を作ってきてくれた女性に不快感を与えてしまわないようにしましょう。

 

女性とのコミュニケーションが得意だと思っている男性の中には、自分はどんな女性でも落とすことができると思っている人もいます。しかし、そんな男性でももちろん、落とせない女性がいます。どれだけ好条件がそろっている男性だとしても、相手の女性の性格や相性などによって、断られてしまうことはよくあるものです。

 

したがって、どんな男性だとしても、合う女性もいれば合わない女性もいるということです。つまり、どのような男性でも、自分に合った女性は必ず現れるとも言うことができます。

 

自分にとっては、自分がコミュ障だと映っているかもしれませんが、それをコミュ障だと思わずに受け入れてくれる女性もいるのです。話すときに緊張してしまう男性のことをかわいいと思う女性もいます。

 

このように考えると、コミュ障だから女性に嫌われるというのは、ただの思い込みかもしれません。

知り合いがいないところでの出会いはやめておく。

 

女性との出会いの方法には、出会い系サイト以外にもさまざまな方法があります。例えば、路上でのナンパや、TwitterなどのSNSを利用した出会いなどもあります。しかし、コミュ障の人がこのようなハードルの高いアウェーでのナンパを行うことはなかなか難しいものです。もちろん、チャレンジすることを否定するわけではありませんが、時間の無駄になってしまう可能性もありますので、あまりおすすめできません。

 

路上でのナンパは、9割スルーされるのが普通です。なので、断られたり無視されたりするのが普通という事をまず知った上で行うことが大切になります。しかし、コミュ障の人がそのような経験を味わうと、なかなか声をかけることもできずに、ただただ時間だけが過ぎていくということになる場合がほとんどなのです。

 

SNSで相手を探そうとしても、リア充やネットワークビジネスの勧誘のようなものが多く、効率が非常に悪いです。Twitterやインスタからナンパをする人もいますが、ほとんど女性にメッセージを見られることはなくブロックされて終わりになることがほとんどのようです。

 

確実に女性と出会って深い関係を築くためには、出会い系が一番の方法だと言えるでしょう。出会い系であれば、インターネットを介しての関係になるため、直接つながっている関係よりも、振られた時や返信が来ない時のダメージが少なくなります。

 

実際に直接会う場合は、コミュ障だと、不便に感じられることも多いでしょう。コミュ障だと、直接会った時に緊張やうまく話せるかどうかわからないという不安にかられて、結構なストレスを抱えることが多いです。そのようなストレスを感じながら、パートナーを探すのはなかなか苦痛になります。やる気を維持するだけでも一苦労です。ただ、やる気を維持していくことは、女性と出会うためには必要不可欠な要素です。女性に声をかけて断られるということは、普通のことですが、それが続くと精神的なダメージが大きいです。そんなときにモチベーションを保つことができないと続かずに、彼女ができる前にドロップアウトしてしまいます。

 

モチベーションを保つためには、気軽に続けていくことが大切です。よくあるパターンとしては、始めは意気込んで頑張るものの、断られる回数が多くなるごとに辛くなってやめてしまうことです。

 

したがって、そもそもうまくいくことの方が少ないんだというマインドセットでいることが大切です。そして、かつ、最後は必ずうまくいくと言う自信も持っておきましょう。始めから諦めて声をかけていると、自信がない男として、女性に見られてしまい、魅力がないと思われてしまいます。始めのうちは50%前後でスタートしてみて、声をかけることが増えていくにつれ、自分のテクニックも上がってきた時に徐々にモチベーションをあげていくのが良いでしょう。

コミュ障でも彼女作りを諦めることはない

 

コミュ障だろうと、そうでなかろうと、大きな差はありません。コミュ障だから彼女ができないとあきらめないことも大切です。あきらめずに自分の魅力をうまく引き出して相手に伝えられるようにしましょう。

自分にしかない魅力的なポイントを発揮することができれば、自分に合う女性が現れた時にすぐに話が弾むようになります。それができれば、多くの女性に気に入ってもらうこともできるようになるでしょう。

ただ、自分の魅力とは何か、悩んでしまうこともあると思います。そのような時は以下のようなポイントから自分の魅力を探求してみてください。

  1. ・優しい性格でアピールする
  2. ・スポーツ好きでアピールする
  3. ・仕事に成果を話してみる
  4. ・雑学が豊富で豆知識を披露する
  5. ・絵をかいてあげる
  6. ・オタク趣味がある

このように、得意なことや自分の長所、アピールポイントを明確にしておくと安心です。

 

コミュ障な方でも、自分の好きなことなら自然と熱く語ってしまうことができます。その能力を拡大していくようにしましょう。自分の好きなことや趣味を自信を持って話せるように練習しておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました