出会い系のメールで女の子の好感度を上げるポイント

出会い系サイトでウブな女の子とメールして落とす メール術

好きなアーティストのアルバムを買った時、あなたはそのアルバムに収録されている曲が全部大好き!という気持ちで聴いていますか?

 

中にはそこまで好きじゃない、この曲はちょっとハズレだな…と感じる曲があると思います。

 

 

しかし、最初はハズレだな…と思った曲でも、何回か聴いていく内に良い曲だと思えた経験ってないですか?

 

実はこの経験、人間の心理的な部分が影響しているんです。

 

単純接触効果とは

 

単純接触効果(ザイアンスの法則)とは、「接触回数や接触する頻度が多ければ多いほど、接触している物への親密さが増す」という心理学的な法則です。

 

例を挙げるなら、あまり最初は好きじゃない、なんとも思っていなかった相手と毎日顔を合わせていると、どんどん親密な関係になっていったって感じです。

 

もちろん親密さが増していくスピードには個人差があります。

中には、かなり長い時間一緒にいても苦手な人は苦手だという相手ももちろんいます。

 

ですが、限りなく相手に対するあなたの中の抵抗心は、徐々に少なくなっているのは事実です。

 

とにかく相手に自分を好印象な人間として印象付けたいのなら、何度も相手に会いにいく、一緒の空間になるべく居続けることが大切です。

 

ただし、この方法にはいくつか制約があります。

 

最初の印象が悪いと、悪い印象を助長してしまう

 

嫌いな相手とはなるべく顔を合わしたくないし、話もしたくないですよね。

なのにも関わらず、グイグイ話しかけてきたりされると、さらに「うざっ!」という思いが強くなっていきませんか?

 

最初に悪いイメージが固まってしまうと、そのイメージを覆すことは難しいです。

 

なので、最初のうちは良くも悪くもない無難な対応をオススメします。

 

「この人は無害だな」「居ても居なくてもいいかな」

 

言われたら結構傷付きますけど、本当に最初の内はこんな感じの印象程度で大丈夫です。

 

 

 

大事なのは「嫌な印象を持たれない」ことです。 それだけ守っていただければ、ザイアンスの法則の効果を十分発揮する事ができます。

 

10回程度が限界

 

接触を繰り返していくことで上昇する好感度のピークは10回目と言われており、それ以降は何度接触しても対して印象は変わりません。

 

この10回という数値は、ザイアンスの法則の確証を得るために行われた正式な実験によって判明された数値なので、間違いない値です。

 

 

つまり、チャンスは相手と初めて会ってから、10回目までのやり取りまでです。

この間に自分を積極的にアピールして、相手に良い印象を持ってもらうことが勝負の分かれ道というわけですね。

 

最近はガツガツ女の子にアピールをしない「草食系男子」が流行っているみたいですが、ザイアンスの法則に則ってみると、友達止まりでそれ以上の関係は望めないでしょう。

 

「あ、この人女の子に興味ないんだ」「恋愛対象には入らないな」

 

きっと相手の女の子は草食系男子に対してこんなイメージが付いてしまっていることでしょう。

 

こうなってしまっては、もうそのイメージを覆すことはかなり難しいです。

 

一度恋愛対象外と認識しまっては、他の男性に意識をシフトしてしまうので、振り向いてくれる可能性も限りなく低いでしょう。

 

本当に女性に興味がないのならそれで良いですが、そうではなくて、女の子のハートを射止めたいのであれば、女の子のあなたに対する印象がまだ定まっていない内に、アピールをしたりデートに誘ってみましょう。

 

そうすれば、相手の女性はあなたを恋人候補に組み込み、お互い意識する男女関係に持っていくことができます。

 

この意識を植え付けておけば、あとはやり取りを続けていけばいいのです。

 

意識すればするほど、気になっていくのが人の心理です。

 

上手くいけば、「どんどんあなたの事が気になってて、気付いたら好きになっちゃってた」と、告白されるかもしれませんよ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました