↓悪質サイトを徹底排除した、当サイトおすすめ厳選出会い系サイトランキングはこちらから↓

おすすめ出会い系サイトランキングはこちら

出会い系で女の子と親密な関係になれるメール術

出会い系サイトでウブな女の子とメールして落とす メール術

本気の恋愛は、じっくりと時間をかけてお互いの信頼や愛情を育んでいくのがあるべきスタイルです。

それに対して出会い系サイト上で女の子を落とす時は、時間をかけずにテンポよく話を進めていく方が上手くいきます。

 

女の子との関係を深いものにしていく為には、本名を聞き出し、タメ口で会話できる関係に持っていかなければなりません。

 

何故「本名」と「タメ口」を挙げたのかと言うと、人は自分の名前を読んでくれる人に好意を抱きやすくなるからです。

出会い系に登録しているニックネームや偽名を言われるよりも、本当の名前でやり取りした方が愛着が湧きやすくなります。

 

相手の気持ちを揺さぶるなら、まずは名前を呼んであげることからです!

 

また、タメ口を使う事によって、敬語では絶対に近づけないお互いの距離感をグッと近づけることが出来ます。

 

敬語というのは、相手と一定の距離がある場合に用いる言葉です。

いつまでも敬語を使っていては、相手との距離感は縮まるはずがないです。

 

この2つのポイントを押さえてしまわないと、段々とメールに疲れが出始め、気付けば自然消滅…というのがよくあるパターンです。

 

いきなり最初からタメ口は馴れ馴れしいのでNG!

 

「どうせ仲良くなるなら、最初からタメ口使おう!」と、最初のファーストメールからタメ口でメールを送るのはNGです。 その際にいきなり本名を聞くのももちろんダメですね。

 

想像してみてください。

あなたが女性の立場だとして、いきなり馴れ馴れしいタメ口の男性からメールが来たら、どう思いますか?

 

まず信用はできないですよね。

何と言うか、凄く適当そうな人だなと思ってしまいます。

あとは、常識がなってない人だなぁ〜とか、馴れ馴れしいしウザいとも思ってしまいますよね。

 

さらに、名前まで聞かれると業者なんじゃないか? 悪徳な詐欺師か?とも思うでしょう。

あくまでタメ口で話したり、本名を聞くのは、ある程度やり取りをしてからです。

 

紳士的な対応を女性にするよう心掛けて下さい。

 

徐々に距離を縮めるのではなく、イメージが固定する前に近づく!

 

冒頭でも話したように、出会い系で女性を落とす際は、時間をかけずにテンポ良くいくことが大事です。

 

しかし、実際はじっくり女の子との距離を縮めていき、頃合いを見計らって女の子にアクションをする人が多いです。

 

この方法はオススメしません。

 

もし、その方法で女性と会えて満足できているのなら、何も言いません。その方法が合っていると言う事ですからね。

 

しかし、慣れているわけでもなく、なかなか出会えない、出会っても失敗ばかりを繰り返しているという方は、すぐにやめましょう。

 

積極的な男性を女の子は好みます。

あまりにも行動が遅いと、「面倒だ」「会う気あるのかな?」と思われて、相手にされなくなります。

 

しかし、アクティブな姿勢を見せることで、「この人やる気あるからいい感じ♡」と思われます。

 

私が考え出した奥義を伝授しましょう

 

このパートでは、私が編み出した奥義を伝授差し上げましょう。

◎タメ口を使えるようになるフレーズ

 

「そう言えばいうの忘れてたんですけど、実は敬語ってすごい苦手なんですよね汗  良ければ、次から普通に話してもいいですか?笑」

 

◎本名を聞き出すフレーズ

 

「ところで、〇〇って可愛い名前だなと思ったんですけど、本名ですか?

ちなみに俺の本名は△△って言います笑

これからは△△って呼んでください♪」

 

この一言を文章に組み込むだけでOKです。簡単でしょ?

今回はさらに詳細まで教えちゃいましょう♪

「ところで」、「そういえば」を使う

「ところで」、「そういえば」という単語は、会話に機転をするのに超優秀な言葉です。 それまで続いていた話の流れを切って、別の話題に持っていけますからね。

 

なんかグダッてきたなぁ…って時にオススメです。

 

さらに、これらの言葉を使うことで見ている側はそのあと話す話の内容を集中して聞いて(見て)くれます。

 

タメ口は出来るだけ使わない

 

「タメ口って普通の言葉じゃない?」

「別に汚い言葉じゃないでしょ」

 

と思った方。

それ、盲点です。

 

何気なくタメ口と使っていますが、女性の中には、タメ口と言われるだけで印象が悪いと感じる女性が中にはいます。

 

「タメ口でいいですか?」と「普通に話しても大丈夫ですか?」なら、全く受け手の印象は違いますよね。

 

 

お願いする立場なら、出来るだけ低姿勢で不快な思いをさせないようにしなければなりません。

 

女の子が「うん!普通に楽な感じで話してくれていいよ♪」と返しやすいような言葉を選んであげましょう!

自分の本名を名乗り、呼んでもらえる方向に持っていく

 

相手の名前を聞くなら、まずは自分が名乗るのがマナーであり常識ですよね。それはネットでもリアルでも何1つ変わりません。

 

自分の本名を教えるだけじゃなく、今度から本名で呼んでもらう方向に持っていくことが大事です。相手の名前を呼ぶことで、さらに親近感が湧きますしね。

 

そしてやはり一番の目的は女の子の名前を聞き出すこと。

 

だからこその本名を名乗る行動が大事になってくるのです。

フレーズを見てもらったら分かると思いますが、「本名教えて」なんて一言も言ってないですよね。

 

でも、次の女の子からのメールには女の子の本名が書かれた内容のメールが返ってきそうじゃないですか?

それが人間の心理です。

 

「名前教えてくれたし、私も教えなきゃ」という気持ちにさせているんです。これを返報性の原理と言います。

 名前を褒める、突っ込む

 

ただストレートに自分の本名を名乗るだけでは、「あ、そうなんですね。了解です」で終わるかもしれません。

 

そんな時にひと工夫付け加えることが大事です。

オススメなのが、名前を褒める、つっこむです。

 

本名なのか偽名なのか分かりませんが、とりあえず「良い名前ですね」「可愛い名前ですね」「珍しい名前ですね」という風に褒めたり、突っ込んだりした後に、「本名なんですか?」を付け加えましょう。

 

高確率で本名を教えてくれます。

 

名前を名乗る+相手の名前を褒める、つっこむのWコンボを決めて、女の子の本名を聞いちゃってください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました