出会い系で女の子を虜にするメール術

出会い系サイトでウブな女の子とメールして落とす メール術

出会い系を利用した誰もが一度はぶち当たる悩みの壁。

それが、ファーストメールやメールのやり取りです。

女性とやり取りするのは簡単なことじゃないですからね。気持ちはわかります。

メールを送るタイミング(見てくれるタイミング)、気を引く本文の内容、メールの頻度…etc。

とにかく、出会い系で女の子と繋がるにはメールという行動が大半を占めており、1番重要なポイントです。

そんな大事なメールですが、なかなか思うように良い文章が書けないでいる人が結構いるみたいですね。

その証拠に、よく出会い系の攻略ブログなどでメールの書き方をレクチャーしてほしい、何かコツはないのかと質問している男性をよく見かけます。

そこで今回は、女の子から返信が来るような魅力のあるメールを書くコツをお教えしたいと思います。

これからご紹介するコツを習得して、たくさん女の子とやり取りしちゃいましょう♪

⑴ メールの内容をリアルなものにする

リアルな内容ってどれくらいリアルなものにすれば良いのか、ということですが、可能ならばよりリアルなものが良いです。

その文書を読んだだけで、実際に体験してしまったと錯覚するくらいリアルだと完璧です。

実際にどのような内容かと言うと、「美味しいお店があったから、今度一緒に行こうよ」という文章を送りたいという時、これをリアルなものにすると以下のようになります。

「美味しいお店があったから、今度一緒に行こうよ」

「こないだ普段行かないような駅に降りたんだけどさ、駅からちょっと奥の路地に進むと、知る人ぞ知る!って感じのイタリアンのお店があったんだよね。しかもそのお店店内に酒蔵構えでてさ。

「これは期待できそうだ!」と思って、店内入ったら、これがまたすげー良い雰囲気なわけ。木造作りで落ち着ける感じのさ。

料理も全部手作りで美味しかったし、お酒もワインとか日本酒、ビールもすごい種類あったし絶対気にいると思うんだよね!

友達同士でも男女2人でももってこいの場所だと思ったから、今度一緒に行ってみない?」

どうでしょう。
前者と後者を比較してみて、どちらの方が「行きたい!」と思いましたか?

圧倒的に後者ですよね。
お店の推しポイントを的確に伝えれていますし、気になってしまいます。

あまり長い文章だと読む気を無くす、という声もありますが、このように相手が思わず食い入るように見てしまう内容であれば、ある程度長くても問題ありません。

むしろ受け手側の女の子からすると、「私のためにここまで説明してくれてる。そんなに私と一緒に行きたいんだ♡」と思ってくれることでしょう。

しっかりと伝えたいことは多少内容が長くなっても伝える、他の文章で省けるとこは省く。

このメリハリがメール作成においては重要です。

⑵ 相手に共感してもらう文章作り

これはファーストメールで用いる方法というよりかは、ある程度やり取りが出来るようになった女性に対して用いるテクニックです。

この方法を用いることで、相手の感情を揺さぶり、自分に対して親近感を沸かせる事ができます。

例を挙げると、相手の女の子がものすごく友達想いの性格をしていたとします。
そんな子には次のような会話をしていきます。

「ちょっと暗い話になるかもしれないけど、中学校の時に3年間部活同じだった友達がいてさ。小学校の時から仲良くて、いつも遊んでるような奴だったんだよね。

けど、何年か前に不慮の事故でね…。

社会人になってから、なかなか会える機会が減っちゃったんだけど、これからは定期的に友達とは会う機会を設けるようにしてるんだよね。

友達をもっと大事にしようってその友達に教えてもらったよ。
普段こういう事は周りの人には言わないんだけどね汗

聞いてくれてありがとう。」

もちろん作り話ですよ。
ですが、この告白を受けて受け手側の女の子はどう思うでしょうか。

おそらく悲しい気持ち、どんよりとした気分になると思います。

だからこそ友達想いの女の子に話すべきなのです。
そういう子なら、「友達のこと大事にしていこうね! 辛かったかもしれないけど、今そういう風に切り替えていけてるなら大丈夫だよ!」と返してくれるでしょう。

このように共感を得ることが出来れば…こっちのものです。

なかなか普段周りに言えないようなことでも、あなたになら…と思って打ち明けてくれるようになっていきます。

そこで親身に話を聞いてあげることで、お互いの関係がより深いものになっていき、女の子はあなたのことを一目置くようになります。

人の感情の揺さぶり方にも色々あります。
心理的なものなので、慣れないうちは少し難しいかもしれません。

ですが、この方法を習得することで、女性の心を掴めるようになっていきますよ!

⑶ 男女の思考の違いを意識する

男性ならくだらないと思えるような話題でも、何故か女性はものすごい盛り上がるといったような経験をしたことありませんか?

どうでもいいと思えるような内容で一喜一憂。
女の子ってそんなイメージありますよね。

こういうところを見ると、つくづく男性と女性の脳の作りって違うんだなぁ…と感じます。

その男女の感受性の違いを利用したのが、今回教えするテクニックです。

男性からすると、ちょっと長ったらしい文章だったり、回りくどいなぁと思ってしまうような文章でも、内容の奥深さや鮮明にイメージが出来る内容なら、女の子ウケは良いです。

そんな文章を書くには、紹介する場所の知識や言葉のボキャブラリーが必要になっていきますので、頑張って増やしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました